トラブルを避けるために、老舗の優良ショッピング枠現金化業者へ依頼しましょう。

MENU

ショッピング枠現金化トラブル相談事例

ショッピング枠現金化トラブル被害に遭った女性

 

ショッピング枠現金化は、クレジットカードさえあれば誰でも利用出来るのが魅力的です。
無職であっても信用情報に傷が付いていても、クレジットカードが使えるなら現金化できるのです。

 

しかし、利便性が高い一方で様々なトラブルが発生しているのも事実です。
大切なお金に関わることなので、利用する前にどのようなトラブルが想定されるか把握しておくと良いでしょう。

 

こんなはずじゃなかった、と後悔しないためにもショッピング枠現金化のトラブルについて把握してください。

 

ショッピング枠現金化の相談事例

ショッピング枠の残っているクレジットカード

 

家族に借金を知られたくない人はカードローンや消費者金融は使いにくいでしょう。
そこで活躍するのが誰にも気付かれずに行えるショッピング枠現金化です。

 

利便性が高く匿名性も高いので魅力的に感じてしまいますが、実はトラブルがたくさん存在しています。
時には犯罪や詐欺に巻き込まれるリスクがあることに注意しておきましょう。
個人情報が悪用されるケースもあるので、ショッピング枠現金化は業者選びが重要です。
具体的な相談事例を参考にショッピング枠現金化のトラブル回避方法を考えていきましょう。

 

事例1 悪徳業者による詐欺

クレジットカードで10万円もする商品を購入したのに、現金が一切振り込まれません。
9万円がキャッシュバックされるはずなのに業者と連絡が取れず、どうして良いか分からないです。
家族に内緒で現金化しようとしていたので相談もできずに困っています。
どうにかして使った現金を取り返すことは出来ないでしょうか?

 

これは典型的な詐欺業者で、最初から利用者を騙すつもりだったのでしょう。
詐欺目的の悪徳業者はすぐに行方をくらましてしまうので、警察へ相談しても捕まえるのは難しいです。

 

このようなケースでは基本的に泣き寝入りになるため、ショッピング枠現金化の際には慎重に業者を選びましょう。
昔から運用している業者を選ぶこと、極端に換金率が高い業者は避けることがポイントです。
詐欺だと確信したら、ダメ元で警察へ相談はするようにしてください。

 

事例2 クレジットカード停止

ショッピング枠現金化をした翌月にクレジットカードが使えなくなりました。
カード会社に連絡したら規約違反が確認されたので停止していると言われ、抗議しましたが門前払いです。
どうして現金化したのがバレたのか分かりません。
カード会社は購入した商品を監視しているのでしょうか?

 

現金化する際に購入した商品が、カード会社が監視している項目に該当したのでしょう。
自動検出する仕組みに引っかかってしまったことも考えられますし、あるいは業者側がカード会社にマークされていた可能性もあります。
いずれにしても経験の浅いショッピング枠現金化業者はこのようなミスをやらかします。
優良業者である老舗の現金化業者へ依頼すれば、こうしたトラブルは避けられるでしょう。