カードローンの返済をするために、別のカードローン会社から借入れして多重債務に陥るケースが多いです。

MENU

カードローンのトラブル相談事例

低コストのパパ活アプリDINE

 

お金のトラブルは人間性を変えると言われるほど厄介なものです。
カードローンもそうした性質を持っているためか、しばしばトラブルが話題になっています。

 

ここではカードローンに関わるトラブルの事例をいくつか紹介したいと思います。
実際にどんなトラブルが起きているかを知れば注意出来るでしょう。
同じトラブルに巻き込まれないように、トラブル相談事例を見ておいてください。
トラブルが起きてからでは後悔することになるのです。

 

カードローンの相談事例

多重債務の注意喚起

 

給料日まで少しお金が足りない、病気や事故でまとまったお金が必要、そんな時にカードローンは頼もしい存在です。
翌月に返済すれば良いので今を乗り越えられますし、比較的審査も緩いので使いやすいでしょう。

 

しかし、カードローンを複数利用するようになったら要注意です。
1社から借りられる金額には上限があり、それで足りなくなれば2社目を検討し始めたら危険なのです。
返済する目途が立っているなら良いですが、そうでなければ多重債務者になってしまいます。
実際に多重債務者になった人の相談事例を見てみましょう。

 

事例1 多重債務者

カードローンの返済をするために、別のカードローンで借金をする状態です。
少しずつ返済額が増えるのでつらくなってしまい、毎日どうやって返済するかだけを考えていました。
最初は20万ほどだったのに、最終的には3社から80万を借りています。
毎月の返済も15万を超えていてアルバイトだけではどうにもなりません。

 

このような多重債務者のケースは、おまとめローンで1社に返済を絞ってしまうのが良いでしょう。
家族や知人に頼れる人が居るなら借金して、カードローンを全額返済するのも効果的です。
何にせよ多重債務の状態は破産目前で、信用情報に深い傷を残しかねません。
多重債務になっていることを自覚して、すぐに状況を整理するようにしましょう。

 

事例2 返済遅延で信用情報に傷

新しいカードローンがなぜか利用出来ず消費者金融に行ったら、信用情報に問題があると言われてしまいました。
おそらくカードローンの返済金額を間違えて少なく振り込んだり、期日を過ぎてから振り込んだりしていたからだと思います。
1ヶ月遅延したこともあり、自分のルーズさが原因でカードローンなどが使えなくなりました。
信用情報を元に戻すにはどうしたら良いのでしょうか?

 

これも良くあるカードローンのトラブルで、支払い遅延により信用情報に傷が付いたと推測されます。
信用情報に傷が付いてしまうと新しく借金するのはかなり厳しくなるでしょう。
傷付いた信用情報を元に戻すには3年から5年は待たなければいけません。
1度失った信頼は簡単に取り戻せないので、くれぐれも返済出来ないカードローンは組まないようにしてください。

 

カードローン利用で信用情報に傷はつく?