換金率が異常に高い業者は避け、運用実績のあるショッピング枠現金化業者を選びましょう。

MENU

ショッピング枠現金化業者を選ぶ基準

ショッピング枠現金化業者選びのポイント

 

クレジットカードを使ってショッピング枠現金化を行うなら、業者をしっかりと選ばなければなりません。
詐欺まがいの悪徳業者が混じっているので、被害を受けないように気をつけておきましょう。

 

現金化業者を選ぶ際に、どのような基準に注目すれば良いかをまとめてみました。
安心安全な現金化のためにも基準を知っておきましょう。

 

運用実績のある現金化業者か

最初に注目したい基準は、運用実績がしっかりとある業者かどうかです。
現金化の事業を始めて1ヶ月と10年では実力が違います。
経験の浅い業者はカード会社から指摘されやすい商品を購入させてしまったり、振り込みが遅延してしまったりといったミスが目立つでしょう。
運用に慣れている業者であればそのようなミスがありませんので安心して任せられます。

 

ちなみに事業を始めて間もない業者は詐欺の恐れがあります。
新しい会社を作っては逃げて、作っては逃げてを繰り返しているのです。
運用実績が無い業者は警戒した方が良いでしょう。

 

換金率が異様に高い

ショッピング枠現金化の換金率相場は80%前後だと言われています。
にも関わらず、換金率が98%などと強くアピールしている業者が少なからず存在しているのです。
これは完全に優良誤認であり悪質な宣伝方法でしょう。

 

実際に98%の換金率を得るには500万以上の申し込みをしないといけないケースもあります。
現実的に利用できない金額で高換金率をアピールするのは企業として悪質です。
換金率が異常に高い業者は少し警戒するようにしてください。
ちなみに、稀にキャンペーンで高くなっているケースはあるので一概に危険ではありません。

 

サポート対応

ショッピング枠現金化の電話サポート

 

現金化を行う際に、大抵の業者は電話で本人確認を行います。
その時のサポート対応が丁寧かどうかチェックするのも優良業者を選ぶ基準になるでしょう。
仕組みや換金率について説明してくれるか口調がですます調になっているか、気にしてみてください。

 

悪徳業者のケースだと、男性スタッフがタメ口で乱暴に命令してくることもあります。
電話サポートの人員として女性オペレーターを雇っていない業者には慎重になった方が良いでしょう。

 

女性のみ優遇する業者

レディースプランなどで女性を極端に優遇している業者があります。
これはお金に困っている女性を見つけて、水商売などへ勧誘する目的があるので注意です。

 

もっと稼げる仕事があると誘われても絶対に断るようにしましょう。
普通に水商売へ行くよりも低い金額で雇われるためデメリットしかありません。
裏社会との繋がりも懸念されるので、女性を極端に優遇している業者には気を付けてください。

 

ショッピング枠現金化トラブル事例を見る