カードローン業者の選び方で最も重要なのが甘い誘惑に乗らずに、信頼できる業者かどうかを見極めることです。

MENU

カードローン業者を選ぶ基準

カードローン業者選びのポイント

 

カードローンを利用する際には、銀行系消費者金融系かを選ぶことになります。
どちらの方がお得かは人によって異なるため、カードローン業者の選び方が大切になるのです。

 

何を基準にカードローンを選ぶと良いのか、ここでは具体的なポイントをまとめて行きたいと思います。

 

信頼出来る業者であるか

大手の銀行が行うカードローンであれば正規の企業なので心配は無用でしょう。
消費者金融でも名前を聞いたことがあるなら大丈夫ですが、小規模で知名度の低い業者は危険です。
中には闇金に通じている業者もあり、悪質な貸し付けや恐喝があるのです。

 

信頼出来る業者かどうかはカードローンを利用する上で絶対に見なければいけないポイントです。

 

金利や手数料について

カードローンを選ぶ時は金利手数料を見るようにしましょう。
大手銀行系なら15%前後の金利で、初回利用は1ヶ月無金利というサービスも行っています。

 

逆に消費者金融などのカードローンは18%前後とやや高めの金利なので注意です。
基本的には銀行カードローンがおすすめですが、キャンペーンや特典があれば消費者金融系でも良いでしょう。

 

返済方法が現実的か

カードローンの返済スケジュール

 

最後に注目したいポイントが返済方法返済金額です。
コンビニのATMで返済が出来るのか、それとも口座振替で返済するのか、方法を確認するようにしてください。

 

また、毎月の最低返済金額が問題無いかもチェックしておきましょう。
業者によっては毎月最低でも1万円返済するルールになっていたり、3000円程度で良かったりと異なります。
返済しやすい業者を選ぶのもポイントなので確認するようにしてください。

 

カードローンに纏わるトラブル事例を見る

 

甘い誘惑に乗らない

カードローン業者の選び方で最も重要になるのが、甘い誘惑に乗らないことです。
大手銀行が行っているキャンペーンなどに乗るのは良いでしょう。

 

しかし、名前が知られていない怪しい業者が審査不要などをアピールして勧誘してきたら要注意です。
これはカードローンではなく闇金や個人情報を悪用する詐欺業者の恐れがあります。
良くあるのは即融資ブラックリストでも借りられる他社で借りられない人を助ける、などの文言です。

 

条件が緩くなればなるほど危険度が増していくので、甘い勧誘には絶対に乗らない覚悟を持っておきましょう。
世の中には甘い話など無く、必ず何かしらの裏があるのです。

 

保証人の要求には要注意

カードローンでは原則として保証人が不要です。
もし保証人を要求されるようなら警戒した方が良いでしょう。
保証人を巻き込んだ詐欺被害を受ける恐れがあります。
莫大な金額を借りる場合は保証人が必要になるケースもありますが、基本的には保証人は不要です。

 

どのような理由を言われたとしても、保証人を必要とするカードローンは怪しいと言って良いです。