ショッピング枠現金化はカード会社による自動引き落としのため状況が把握しやすいです。

MENU

異なる返済方法

 

同じ現金を得る手段でも、カードローンとショッピング枠現金化では返済方法が異なります。
利用した後で返済方法に困らないためにも、事前にしっかりと認識しておきましょう。

 

自分自身にとって利便性の高い現金調達法がどれなのか把握するようにしておくと良いです。

 

カードローンの返済方法

 

カードローン

 

消費者金融や銀行でカードローンを利用した場合、決められた日付までに返済を行う必要があります。
返済方法は様々で、コンビニなどのATMから返済することも出来ますし、銀行口座からの引き落としを設定することも可能です。
ポイントになるのは自分の意志で返済を行わなければならない点でしょう。

 

家賃を振り込むのと同じ感覚で、返済を忘れてしまうと催促の電話が来たり、カードローン自体が利用出来なくなったりしてしまいます。

 

ちなみに、カードローンの返済期日は消費者金融や銀行によって違います。
毎月5の倍数日のいずれかで返済すれば良いケースもあれば、月末など明確に支払期日が決まっているケースもあるのです。
カードローンを利用する際には返済期日がいつなのか確認するようにしましょう。
返済金額も分割出来るので、無理の無い範囲で返せるように計画してください。

 

ショッピング枠現金化の返済方法

 

返済が便利なショッピング枠現金化

 

返済方法はクレジットカードを利用した時と同じで、翌月に指定の銀行口座から引き落としが行われます。
大抵は翌月の10日ぐらいになることが多いでしょう。
返済日を調整するのは難しく、基本的に引き落とし日までに銀行口座へ現金を入れておかなければなりません。

 

引き落としに失敗するとクレジットカードが停止されてしまい、買い物などで利用が出来なくなります。

 

借りたお金を返すカードローンと違い、支払いを代行したカード会社から現金を回収されるイメージが近いでしょう。
また、ショッピング枠現金化の利用とは別に、クレジットカードでの買い物金額もまとめて請求されるので覚えておいてください。

 

返済が楽なのはショッピング枠現金化

 

利用する消費者金融や銀行によって返済日がバラバラになるカードローンはやや混乱しがちです。
しかも返済を忘れてしまうと遅延金が発生するケースもあるので厄介でしょう。

 

その点、ショッピング枠現金化はカード会社からの引き落としなので状況を把握しやすいです。
銀行に現金を入れておくだけで自動的に引き落としてくれるため払い忘れも防止出来ます。
分割払いやリボ払いの選択肢もあるので、毎月の返済金額を調整しやすいのもメリットとなります。

 

カードローンとショッピング枠現金化の返済方法を理解して、メリットを感じる方を利用するようにしましょう。