カードローンとショッピング枠現金化を金利の面から比較してみました。

MENU

金利面の比較

 

資金調達する上で重要なのは金利です。
カードローンは金利が明記していますが、ショッピング枠現金化は金利ではなく換金率の明記で、分割払いを利用する場合は、別途カード会社の契約条件に応じた金利が発生します。

 

サービスや利用シーンに応じて、全てを金利に直してコストの比較をしてみました。

 

利息制限法

 

カードローンやクレジットカードのキャッシング機能、ショッピングの分割払いは利息制限法によって上限金利が決まっています。
消費者金融やカードキャッシングの場合は上限金利の適用されていることが多いです。

 

利息制限法は借入金額ではなく、自由に借入できる特性のある商品は限度額が基準になります。
カードローンやクレジットカードのショッピング枠は100万円以上になると上限金利が15%になるメリットがあります。
利息制限法の上限金利は以下のとおりです。

 

元本10万円未満:20%/年
元本10万円以上100円未満:18%/年
元本100万円以上:15%/年

 

銀行系カードローンとランクの高いクレジットカードは金利が優遇されている

 

全般的に銀行系カードローンは利息制限法の上限金利より低く設定しています。

 

メガバンクを見ると、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は14.6%、三井住友銀行カードローンは14.5%です。さらにカードローンは限度額に応じて金利が下がっていく仕組みで、最大で金利5%以下に優遇されます。

 

審査に問題ない人は銀行系カードローンを利用すれば低い金利で資金調達できます。

 

ゴールドクレジットカードの画像

 

クレジットカードショッピング枠の分割金利は利息制限法の上限になっていることが多いですが、ゴールドカードやプラチナカード以上になると12~15%ほどの低金利が適用されることもあります。
金利の低いクレジットカードを持っていれば、長期分割する場合のお得感が大きくなります。

 

消費者金融系カードローンは利息制限法の上限金利が適用される傾向が強く、繰り返し利用していくと限度額と金利を優遇されることもあります。

 

ショッピング枠現金化を金利に直してみた

 

ショッピング枠現金化は一括払いでも換金率に応じた手数料を取られます。
カードローンやキャッシングは利息を日割り計算でされるので1ヶ月で完済できれば利息は微々たるものですが、ショッピング枠現金化は短期間でも高い手数料を取られます。

 

たとえば換金率90%で1ヶ月(30日)後に一括返済した場合の手数料を年利でたとえると約120%になります。
10日後であれば365%になる計算で、金利に直す計算だと期間が短いほど不利です。

 

クレジットカードの場合は基本的に月末締め、翌月の27日払いになります。

 

月初めの1日に利用して翌月の27日に一括払いをする場合、借入月が31日まであれば返済日まで58日あります。
さらに27日が土曜日だとカード引き落とし日は翌営業日になるので60日になるので金利計算では60%になります。
それでも通常の借入よりかは高いです。

 

金利計算だけで見れば、カード分割時の金利を上乗せしたとしても、長期分割で返済していった方が、資金調達時の手数料を金利に直す分母が大きくなる分、金利は下がっていきます。
ただし、完済までの期間が長いと金利は低くなっても利息が大きくなるので注意しましょう。