カードローンとショッピング枠現金化のどちらが優れているのかを検証しています。

MENU

優れた現金調達法はどっち?

 

木の家の模型と空

 

カードローンとショッピング枠現金化は、メリット・デメリットがあり、状況に応じて最適な現金調達方法は異なります。
ケース別にどっちの方が優れているのか検証しました。

 

利息や手数料が安いのはカードローン

 

カードローンは日割り計算で利息が発生するのに対して、ショッピング枠現金化は利用した時点で換金率に応じた手数料を差し引かれます。
クレジットカードを利用する場合、決済日と支払い日の関係で利息なしで後払いに対応できる期間は異なりますが、最長でも約2ヶ月です。

金利はどちらが高い?

 

どれだけ換金率が高くても、カードローンの1日あたりの利息とショッピング枠現金化の支払い日までで割った1日あたりの手数料を比較するとカードローンの利息の方が安いです。
ショッピング枠現金化は分割払いを利用すると、別途カード契約条件に応じた利息がかかるので、資金調達するコストでカードローンに勝てる要素はほとんどありません。

 

ただしショッピング枠現金化は初回利用時や紹介特典で換金率が優遇されたり、現金プレゼントを行っていることもあるのでキャンペーンをうまく活用できれば差を詰められます。

 

 

スピーディーに資金調達できるのはショッピング枠現金化

 

大手ショッピング枠現金化業者では最短5分のスピード入金を行っています。
スピード対応に強いカードローンでも最短30分審査になるので、スペック的にもショッピング枠現金化が優れています。

 

さらに、ショッピング枠現金化はカードを持っていれば審査不要で利用できるので、安定したスピード対応が可能です。
カードローンは審査状況や在籍確認を取れないと最短30分を明記していても数日待たされるケースがあります。

 

2回目以降の資金調達はカードローンの方が早い

 

カードローンは一度発行した後はいつでもATMを利用して借入できます。
ショッピング枠現金化は初回利用時は重要事項の説明などがありスピード対応に強いところでも15分前後の時間がかかります。

 

2回目以降のリピート利用だと、必要な現金に見合った商品を紹介されてネット通販でカード決済するだけなので最短3~5分のスピード入金が可能になります。
カードローンはカード発行済みだと近くのコンビニATMなどで銀行口座から現金を引き出すような手続きをするだけなので所要時間は1~2分です。

 

ATMでのやり取りだけで資金調達できるので、手間もかかりません。

 

どちらもバレずに資金調達できる

 

カードローンとショッピング枠現金化は、どちらも同僚、家族などにバレずに資金調達したいという要望が多いです。
両方に共通して、業者選びや契約・手続き方法を選べば家族にバレずに利用できます。

 

カードローンの場合は自動契約機を利用して契約すれば郵送による書類の手続きを回避できます。
ショッピング枠現金化は一般的にショッピングの実績を作るために商品が自宅に配達されます。
商品やカード利用明細には資金調達や借金を連想される文章は使われません。
不安のある場合は営業所止めにすれば確実にバレません。

 

同僚にバレる事例で多いのはカードローン申込審査で行われる在籍確認です。
金融機関を名乗らず個人名で職場に電話がかかってくるのですが、勘のいいスタッフが応対するとローン審査の在籍確認だと気付かれます。

普段、職場に自分宛ての電話がかかってこない人は注意しましょう。