カードローンやショッピング枠現金化の返済が滞っていなければ信用情報に傷はつきません。

MENU

信用情報に傷が付く?

信用情報について考える人

 

カードローンやショッピング枠現金化を利用すると、信用情報に傷が付くという噂が流れています。
しかし、これは完全な誤解であり間違いだと言って良いでしょう。

 

そもそも信用情報とは悪質な利用者かどうかを判断する1つの基準です。
カードローンなどを利用しただけで悪質と判断される理由は何もありません。
信用情報に傷が付かない理由を紹介するので、根拠の無い噂に惑わされないようにしましょう。

 

カードローン利用の場合

金額に関わらず、カードローンを利用しただけで信用情報に傷が付くことはありません。

これが信用情報の傷になるのであれば、自動車ローンや住宅ローンもすべて傷という扱いになります。
ローンは資金運用で重要な選択肢の1つで、個人の信用を損なうようなものでは無いのです。

 

ただし、利用した履歴は信用情報に残ります。
あくまでも利用した履歴であって、これによって何か大きなデメリットを受けることは考えにくいです。
生活費や特別な買い物で現金が不足するなら、カードローンを利用して乗り切ると良いです。

 

ショッピング枠現金化の場合

これに関しては信用情報とはまったくの無縁だと言って良いでしょう。
現金を得る手段としてはカードローンと同じですが、ショッピング枠現金化はただの買い物でしか無いのです。
買い物をした結果、現金のキャッシュバックを得ているだけなので個人の信用は無関係です。

 

カード会社から見てもショッピング枠を使って支払いや買い物を行ったという記録しかないため、現金化したかどうかは分かりません。

借金をした記録では無いので信用情報に傷は付かないので覚えておきましょう。

 

傷が付いてしまうケース

信用情報に傷がつくケースをチェック

 

カードローンを利用する場合は信用情報に傷が付くケースが存在しています。
それは返済が滞ってしまった時です。

 

返済が数ヶ月、あるいは何度も滞ってしまうと信用情報に傷が付きます。
これはお金を貸しても返済する能力が無いかもしれない、という注意喚起として利用されるのです。
悪く言ってしまえばお金を貸しても返済出来ない恐れがあると判断されます。
これが俗に言う信用情報に傷が付いた状態なのです。
この状態になると消費者金融も銀行もカードローンを拒否するようになるため、通常の手段では現金を借りられなくなります。

 

一方のショッピング枠現金化も返済が滞れば信用情報に傷が付きます。
返済が滞るとクレジットカードの利用停止や催促の電話が掛かって来るので注意しましょう。

 

返済出来ない状況になると信用情報に傷が付きますが、しっかりと返済していれば何も問題は無いということになります。
利用するだけでは信用情報に傷は付かないので、その点だけは安心して良いでしょう。