ショッピング枠現金化は即日で現金が欲しいときには非常に便利で心強い資金調達法です。

MENU

ショッピング枠現金化利用事例

 

ショッピング枠現金化はクレジットカードさえあれば審査不要で利用できるので、借入審査に通らない人の利用比率が高いです。
単純に換金率を差し引いて取られる手数料とカードローンの利息を比べるとショッピング枠現金化の方が圧倒的に高コストなのでワケありの利用者が多いです。

 

しかし、審査に通らない人以外にも、クレジットカードならではのメリットを活かしたり資金調達までのスピードを重視して利用する方もいます。
ショッピング枠現金化は使いたくないという方でも利用事例を見ると考え方や活用法が変わるかもしれません。

 

確実に即日資金調達したいとき

 

カードローンはすでに発行済ならATMからいつでも借入できますが、新規申込では審査が行われます。
即日融資可能のカードローンやキャッシングは多数ありますが、在籍確認ができないなど審査に問題があると数日待たされてしまうことがあります。

 

ショッピング枠現金化は、利用できるクレジットカードさえあれば、スピード対応に強い業者を通じていつでもスピーディーに資金調達できます。
土日や夜間でも即時反映できる金融機関も多く、ネットバンクを持っていなくても、ゆうちょ銀行を持っていれば土日祝日夜間でも即時入金されます。
何か事情があってすぐに現金が必要な時はカードローンを新規申込するよりも、ショッピング枠現金化を使った方がお得です。

 

スピードの都合で借入審査に問題ない人がショッピング枠現金化を活用するケースは多数あります。

 

 

法人や個人事業主の税金対策

 

ショッピング枠現金化は、PCソフトのCD-ROMなど商品を販売してキャッシュバックか買取で対応しています。
商品の購入履歴があれば事業の経費計上をして税金対策をできます。
黒字決算の法人の場合、最大で利益の半分は税金で持って行かれます。

 

通帳と電卓

 

資金調達の必要な時に銀行から借入するよりも税制面のメリットが大きく、利益の出ている法人や個人事業主は手数料を差し引いてもショッピング枠現金化を利用した方がお得になります。

 

事業用資金の需要が大きいため、法人名義のビジネスカードや個人事業主を対象に換金率を優遇したプランを用意している業者も多数あります。

 

また、事業向けのビジネスローンは事業計画書を作ったり決算書類を提出するなど、融資を受けるために時間と手間がかかります。
ショッピング枠現金化は手間なくスピーディーに資金調達できるので、機会損失が少なく済んで時間を営業活動に回せるという理由で活用している方もいます。

 

経営者や個人事業主は審査に通らない人が多い

 

経営者や個人事業主の場合、経費で税金対策できるので、実際には安定した収入があるけど申告上は赤字にしている方も多いです。
赤字決算だとカードローンの審査には通りませんが、ショッピング枠現金化であれば資金調達可能ですし、カードの利用実績があれば増額審査も通ります。

 

融資を受けるために黒字決算するよりも、節税対策で赤字決算にしてお金が必要になったらショッピング枠現金化する方法を取ると税負担が少なくなります。

 

また、カードローンの利用事例についてもコチラのページで詳しく紹介しています。

カードローン利用事例