カードローンを実際に利用したユーザーの活用事例をご紹介しています。

MENU

カードローンの利用事例

 

豚の貯金箱と電卓

 

カードローンをお得に活用しているユーザーの利用事例をまとめました。
少額利用を繰り返す方はもちろん、年収の高いハイスペックの方からも需要はあります。

 

給料前の金欠を解決

 

給料日前にお金が尽きてしまう経験は多くの人が持っているでしょう。
貯金のある場合でも、切り崩すのには抵抗が出ますし、給料日前にほしい物を見つけたり遊びや飲食の誘いを受けた時に断ると後悔することも多いです。

 

カードローンは一度発行すれば少額利用でも手数料なしに手軽に借入ができて、利息は日割り計算でされます。
給料日前にお小遣いが足りなくなったら数千円~数万円を借入して給料日で返せば利息は数十円~数百円です。

 

毎月少しずつ借入を増やしていって半年に1回のボーナスでリセットしている方もいます。

 

もしもの時の保険でカードローンを申込する

 

カードローンは発行手数料や年会費が無料で、発行だけして一切使わなくても問題ありません。
お金には困っていないけど将来、突発的な出費が出た時のことを考えてカードローンを持っておこうと考える方も増えています。
カードローンはショッピング枠現金化に比べて資金調達のコストが安いので審査に通る時に作っておくと便利です。

 

退職前に作っておく

 

転職や独立など仕事を変えると、勤続年数はリセットされて年収も下がれば審査が不利になります。
仕事を辞めることが決まった時に、審査の通る在籍中にカードローンを作っておく方法があります。
クレジットカードも同様の理由で作れるうちに作っておくのは効果的です。

 

カードローンを持つことで貯金を作らない

 

貯金はいざというときの支払いをする上で大切です。
貯金を残して車や住宅のローンを組んでいる人もいますが、銀行にお金を預けてもほとんど利息をもらえないのに対して、ローンの借入残高があると高額な利息を払わないといけません。
カードローンを持つことで貯金を崩して車を現金購入したり住宅ローンの繰り上げ返済をするとお得です。

 

銀行系カードローンは借金がバレにくい

 

消費者金融は自動契約コーナーを多数設置していますが、出入りする姿を通行人に見られると嫌な気分になり、知人に目撃されてバレるリスクがあります。
契約書類が郵送されることもあり、家族に内緒で借金していたことがバレてトラブルに発展するケースも多いです。

審査の違い

 

人気の高い銀行系カードローンは自動契約コーナーを用意していて郵送不要で契約からカード発行までできます。
銀行にある自動契約コーナーはカードローンの申込以外にも口座の住所変更など幅広い業務に対応しているので、出入りしているところを目撃されても借金していることがバレにくく、言い訳もしやすいです。
誰にもバレずに借金したいという理由で、繰り返し利用する予定はなくても銀行でカードローンを作ろうとする方が増えています。

 

また、一部の銀行では普段使っているキャッシュカードにカードローン機能をセットにできます。
カードローン専用カードを持たなければ家族に財布の中を見られても怪しまれる要素はありません。

 

銀行、コンビニのATMを手数料無料で利用できるところが多いので発行後も気を遣わずに活用できます。