カードローンにはメリットがある反面、大きなデメリットやリスクもあることを知る必要があります。

MENU

カードローンのメリット・デメリット

 

カードローンは一度発行すれば限度額の範囲内で何度も借入を利用できて、一部繰り上げ返済もATMから手軽にできるメリットがあります。
利便性が高くてお金に困っていない状況で興味を持つ方も多いですが、信用面で借金していなくても限度額全額を借入していると扱われて新規にローン審査を受ける際に不利になるデメリットがあります。

 

ショッピング枠現金化との比較を含めてメリット、デメリットをまとめました。

 

消費者金融と銀行でメリット・デメリットが異なる

 

カードローンは大きく分類すると消費者金融系と銀行系の2種類があります。

 

銀行系カードローン

 

メリット

金利が安い
ATM手数料無料の所が多い
総量規制の影響を受けないので高額限度額設定が可能
一部メガバンクでは自動契約機を用意していて利便性が高い

 

デメリット

審査が厳しい
銀行によっては手続きが面倒で時間がかかる

 

消費者金融系に比べてスペックは銀行系カードローンの方が優れています。
審査に自信のある方は銀行系カードローンをオススメします。

 

 

消費者金融系カードローン

 

メリット

審査が甘い
自動契約機が豊富
審査時間が全般的に短い
Webマイページが充実している

 

デメリット

金利が高い
コンビニATMで手数料を取られることが多い
総量規制の影響を受ける
50万円以上の利用で収入証明の提出が必須

 

審査に不安のある方や、すぐに資金調達の必要な場合は消費者金融系がオススメです。
総量規制の影響を受けるため、銀行に比べて高額な限度額設定だと審査が厳しくなることもあります。

 

総量規制は貸金業法による規制で年収の3分の1以上の借入はできません。
たとえば年収300万円の場合上限は100万円になります。
カードローンだけではなく、他の借入やクレジットカードのキャッシング枠を含めた金額で計算されます。

 

 

ショッピング枠現金化と通常のキャッシングに比べたメリット

 

カードローンのメリットは以下のとおりです。

 

  • 金利が安い
  • ATMから随時繰り上げ返済可能
  • 2回目以降の借入はATMで引き出し手続きをするだけ
  • 一度発行すれば、退職したり収入が下がっても利用できる

 

資金調達に関わるコスト面はショッピング枠現金化よりも圧倒的にメリットが大きいです。

 

たとえば30万円を金利15%で借入して、1ヶ月後に全額返済した場合、発生する利息は1日あたり123.2円で30日後に返済すれば利息が3,700円を含めた30万2,700円です。
ショッピング枠現金化で換金率90%、一括払いで30万円を資金調達する場合、カード決済は33万4千円で受取額は30万600円になり、実質3万3千円以上の手数料が取られます。

 

 

カードローンのデメリット

 

  • 初回審査で落ちることがある
  • 初回利用時に審査で時間や手間がかかる
  • 限度額全額を借金している扱いになる(新規ローン審査が不利になる)
  • 借金地獄に陥りやすい

 

ショッピングカートとパソコン

資金調達が必要な時は、仕事を辞めているときや他社からも借入しているときなど審査に通りにくい状況がよくあります。
すでにカードローンを発行していれば問題ないですが、お金が必要になってからだと審査に通らない事例も増えます。

 

ショッピング枠はお金に困っていないときから何かしらのクレジットカードを発行している人が多いので、資金調達が可能になるシチュエーションが多いです。
つまり、必要な時に資金調達しにくくて審査を受けて契約手続きをする時間と手間のかかるデメリットがあります。

 

また、カードローンはいつでも自由に借入できる特性上、借入残高がなくても全額借金している扱いを受けます。
将来、車や家のローンを組むときにカードローンを持っていることを理由に審査に落ちることもあります。
無駄に限度額を高くすることはオススメできません。

 

ATMを通じて手軽に借入を繰り返し利用できて、月々の最低返済額は安いので自己管理できないと借金地獄に陥りやすいです。